人類がこの地上に誕生したときから、おそらく人間は天然宇宙、自然界のあらゆる存在の根源を知ろうと思ったに違いない。
また、自然界の脅威などに囲まれて、それらの環境とどう関わるべきか、あるいはどう生きるべきかについて考えてきたに違いない。

日本人の先祖となる人たちが、いつ頃から言葉を使い始め、文化を生み出し、氏族社会、共同体をつくってきたのか非常に興味あるところであり、関心が寄せられるテーマである。

私たちが知るところでは、日本の文化の始まりは縄文文化とされている。

少なくとも教科書などにはカタカムナのカの字も出てこない。
一般には、そんな時代があったとはほとんど知られていない。

しかし、1949年、戦後まもない頃、一人の物理学者の体験した不思議なめぐり合わせから、カタカムナ文献というものが発見されて以来、日本の上古代と言われる時代に、カタカムナ人と自分たちを呼んだ人たちがいて、現代物理学をも超えるようなサトリを持っていたことが知られるようになり、世間の注目を浴びるようになった。

そのカタカムナ人は、カタカムナ図象という一見、摩訶不思議な図象からなる文字まで発明し、その48声音が現在使われているカタカナの原型になったと考えられることが判明するや、一種のカタカムナブームが到来し、多くの人たちの研究成果の蓄積もあって、カタカムナ文献の市場価値が再認識され始めている。

楢崎皐月博士、その後継者である宇野多美恵女史らのカタカムナ解読により、私たちはカタカムナ文献の細部の内容をかいま見ることができる。
そこには天然自然の根本哲理のほか、人間を幸せに導く生活技法まで事細かに記されている。

1万年以上の歳月を経ても、なおその哲理の新鮮さは輝きを失っておらず、現代社会にも通じる内容なのである。
コロナに始まる苦難の時代を乗り切る知恵まで書かれている。

「カタカムナウタヒ渦の図80首カタカナ・ヘボン式ローマ字の読み方ルビ付き」
PDF・80ページ LINE登録で無料ダウンロード